セルフ・キャリアドッグ制度の導入支援について

昨年令和2年度より、弊社は株式会社パソナが厚生労働省より委託を受けた「キャリアサポートセンター事業」のセルフ・キャリアドッグ制度の導入支援の現場担当者としての業務を承っております。そのため、セルフ・キャリアドッグの導入や在職者のキャリアコンサルティング及び労働者キャリアコンサルティングは、令和3年度も無料でご利用いただくことができます。


セルフ・キャリアドッグとは?

企業がその人材育成ビジョン・方針に基づき、キャリアコンサルティング面談と多様なキャリア研修などを組み合わせて、体系的・定期的に従業員の支援を実施し、従業員の主体的なキャリア形成を促進・支援する総合的な取組み、また、そのための企業内の「仕組み」のことです。


期待できる効果

セルフ・キャリアドッグは、企業・組織の視点に加え、従業員が主体的なキャリア開発を促進・実現することを目的としています。従業員一人ひとりのキャリアビジョンを明確にし、企業の活力・生産性向上と、従業員のキャリア充実・キャリア自律の両立を図ります。


キャリアコンサルティングとは?

労働者の職業の選択、職業生活設計又は職業能力の開発及び向上に関する相談に応じ、助言及び指導を行うことです。

社員は生涯のキャリアを通じて、仕事と出産・育児、キャリア・プラン、ライフイベントやプライベートとのバランスを取りながらキャリア形成を進める必要があります。また、中高年世代になると、セカンドキャリアを見据えたキャリア・プランの再設計も必要です。キャリア形成支援の専門家であるキャリアコンサルタントとの面談を通じて、自分が置かれた状況、与えられた役割、働き方や働く意味・目的など、多面的に自己理解を深め、節目ごとにキャリアを充実するためには何が必要かを考えていきます。

職業生活の節目に、キャリアコンサルティングを実施することで、従業員の主体的なキャリア形成が促進され、モチベーションの向上、働き甲斐の醸成、更なる成長意欲を促す効果が期待できます。

キャリアコンサルタントは、一人ひとりに寄り添い、主体的なキャリア形成をサポートいたします。


在職者キャリコンと労働者キャリコン

セルフ・キャリアドッグは従業員がおおよそ30名以上の企業様が対象となります。そのため、小規模企業及び個人事業主で従業員を雇用していて、従業員にキャリアコンサルティングを実施したいと希望する場合は、在職者キャリコンあるいは労働者キャリコンを無料でご利用いただくことができます。

基本、在職者キャリコンは企業様を通しての申し込み労働者キャリコンは労働者が個人的に申し込みをしていただくことになります。

ジョブ・カードを活用しながら、一人ひとりの「想い」と寄り添います。

どちらの場合も全て無料でご利用いただけますので、ご活用を前向きにご検討いただき、お気軽にお問い合わせください。


お問合せ先

株式会社MOKA.  〒085-0045 北海道釧路市松浦町17番12号

TEL/FAX : 0154-35-0045

MAIL : kushiro-moka-wp@mail.goo.ne.jp